〒501-3881 関市元重町74番地の1 TEL 0575-23-3921 FAX 0575-23-3927

観光列車「ながら」

当列車の名前の由来は全国に誇る名川であり、当鉄道の名前の由来でもある”長良川”。
数々の名車両を手掛けてこられた水戸岡鋭治氏のデザインで、車体は沿線の自然(緑)、長良川(青)、雪景色(白)とコントラストをなすロイヤルレッドを基調として、内装には沿線の素材を用いた装飾を施しました。
長良川鉄道沿線の四季折々の自然、原風景、伝統文化、食文化を列車内でお楽しみいただき、ここでしか味わえない感動をお届けする列車旅へご案内します。
                       平成28年4月27日 森号(1号車)&鮎号(2号車)運行開始
                       平成30年4月18日 川風号(3号車)運行開始


  • 観光列車「ながら」森号・鮎号 外装

  • 観光列車「ながら」森号 内装

  • 観光列車「ながら」鮎号 内装

  • 観光列車「ながら」川風号 外装

  • 観光列車「ながら」川風号 展開図

  • 観光列車「ながら」川風号 内装

観光列車「ながら」

運行のご案内

金曜日、土曜日、休日、夏休み等を中心に年間計150日程度の運行を予定。
運行日によってご利用可能なプランが異なります。
各プラン運行日・空席状況は各プランの詳細ページでご案内しています。


観光列車「ながら」1号【下り列車】

.観光列車「ながら」1号 ランチプラン(運行区間:美濃太田 → 郡上八幡)

.観光列車「ながら」1号 ビュープラン(運行区間:美濃太田 ~ 北濃)

観光列車「ながら」2号【上り列車】

.観光列車「ながら」2号 ランチプラン(運行区間:郡上八幡 → 美濃太田)

.観光列車「ながら」2号 スイーツプラン(運行区間:郡上八幡 → 美濃太田)

.観光列車「ながら」2号 ビュープラン(運行区間:北濃 ~ 美濃太田)

観光列車「ながら」川風号【下り列車】 平成30年4月18日より運行開始!

.観光列車「ながら」川風号 お弁当プラン(運行区間:関 → 郡上八幡)

観光列車「ながら」川風号【上り列車】 平成30年4月18日より運行開始!

.観光列車「ながら」川風号 ほろ酔いプラン(運行区間:郡上八幡 → 美濃太田)

※観光列車「ながら」にはJR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ を利用してご乗車いただけません。

”ふるさと納税”でも観光列車「ながら」予約券をお求めいただけます

ページの先頭に戻る
ピックアップコンテンツ
Copyright © 長良川鉄道 All Rights Reserved.